百聞は一見に如かず(1)

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

Berkeley Haas Full Time MBAの “MJ” です。

時差のある世界中の人と話すとなると、相手目線でどれを使っていいのかもはやわからないです。また、自分自身も今日は約20時間起きている気がするので、昼夜の感覚がなくなりつつあります。Hi という一言でどんな時間帯でも済むアメリカは、なんともシンプルで、大好きですね。

そんなアメリカに来て丸3か月が経ちました。想像以上に英語で「相手の懐に入る」会話は難しく、同期Rio同様、私”MJ”も奮闘する毎日です。

それにしても、Berkeley Haas Full Time MBA は自由闊達で、業界の常識を変える野心に燃えていて、それでいて心が優しい総勢250名の集団です。

百聞は一見に如かず。

皆さんに自由で野心的で心優しき同級生や学校のイベントの様子を写真で伝えていきます。ビジネススクールでは、授業に加えて、誰と学ぶかや授業外でも学びも尊き学びの要素だと思うからです。

img_2023

今日は、”Story Salon”という週間イベントに参加をしてきました。同級生が自分自身の過去の体験について話をします。とてもプライベートで衝撃的な話から、自分の情熱がある話まで、何でもトピックは良いです。同級生のことをもっと知りたいという想いから、多くのHaas生が聴講に来るイベントです。

今日は、メキシコ人の同級生がパスポートを失くし、ロシアでスタックになった時の心温かい逸話についてでした。メッセージは、”unexpected moments”を大事にすること。

そう、人生では何が起きるのかわかない、でも、だからこそ、楽しい。

基本的ではありますが、改めて同級生からこのシンプルなメッセージについて考えさせられました。

さて、そろそろ寝ますか。朝4時…..!!

 

MJ

P.S. 明日Japan Trek の説明会を同級生にやります。同期6人で同級生の前に出るのはInternational Consumption Function(日本料理を紹介するイベント)以来、2回目。頑張ろう〜!:)