ハースのカルチャー(エッセーの参考に…!)

こんばんは、MJです。Thanksgiving 明けの学校は目まぐるしく、皆何かに追われています(笑)

さて、今日はハースにビジットに来ている受験生の皆さんとのランチでした。百聞は一見に如かず、学校(アドミッション)が提供する日本国内外のイベントに足を運ぶのはとても有意義です。http://mba.haas.berkeley.edu/admissions/events.html

さて、ランチは2年生もいたので、色々な視点から改めてハースのカルチャーについて整理ができました。エッセーのヒントになれば幸いです。

①Super Supportive Community/Friends “助け合いの精神”:ビジネススクールは楽しく刺激的な反面、人生の岐路に立っている学生がほとんどで、心身ともに負荷がかかります。ハースは、クラスメイトを互いにキャリア面、学業面、生活面からフルでサポートし合います。クラスサイズが小さく、アットホームだからでしょうか。西海岸らしい陽気な気候のもとだからでしょうか。本当に居心地の良い、安心感のあるコミュニティーです。ここで得られる友人関係は一生モノだと皆口を揃えて満面の笑みで言います。

②Accepts Weird People with Passion “情熱ある変人を歓迎する”:ハースに合格した学生は、過去に”変人”と言われたことのある人の集まりな気がすると現役生でfull agreeしました。チリのワイナリーを経営していたり、フランスの水泳ナショナルチームでプレイしていた人だったり、写真撮影がプロ並みに上手だったり、ヨガの先生をしていた人だったり、オーガニック農場を開きたいという野望を持っている人だったり……。何を追求してもいい、それに対する情熱と行動さえあれば、大歓迎!という校風。これもハースの大きな特徴です。

確かに、昨晩は過去にバンドをやっていた同級生が集結し、バンドでロックやヒップホップを演奏するイベント”Haas Rock”があったのですが、ステージに立っている同級生は皆まさに”情熱ある変人”でしたね(笑)

我らがTeam Japanの中からも変人が一名出場し、他のメンバーがロック中に天に向かって黄昏れていました。God Bless Haas!! God Bless the Bay Area….!

Haas Rock Band

ブログの更新、毎週はたまにきついけど頑張ります。今宵も長いです。

MJ