合格に向けて 〜原点に帰る〜

こんばんは、MJです。

期末試験が終わり、ほっとしています。最も大変と言われる秋学期が終わりましたー!Woohoo!

さて、本日も受験と関わるようなお話です。

ビジネススクールは、授業のスタイルやクラスサイズ、ランキングも重要ですが、ロケーションも想像以上に重要です。本当に重要です。特にアメリカの場合、国がバカでかく、日本のように都市間が数時間という距離感ではないので、ビジネススクールが位置している都市に自分のMBA生活の90%があり、逃れられないと言っていいでしょう。

そのため、百聞は一見に如かず、学校巡りをしないと志望校は固まりづらいですね。

今年も多くの受験生がハースを訪れてくださりました。ありがとうございました!

ハースは、サンフランシスコから電車で30分のバークレーという街にあります。そのため、起業文化の強いサンフランシスコにインターンや就活で出向くことができます。これはとても特に私費生にとっては大きなアドバンテージです。さらに、アジア人で活躍している人もサンフランシスコには多くいますし、アジア人の人口も全米内で非常に割合が高いため、総じてアジア人フレンドリーで、英語さえネイティブ並みであれば、チャンスはたくさんあります。

しかし、忘れてはならないのはサンフランシスコのカルチャー面。以前も書きましたが、サンフランシスコはオペラ、バレエ、美術が盛んで、劇場や美術館が多くあります。ニューヨークとはまた違った雰囲気です。MBA生活は、勉強を机に向かってするだけのものではなく、究極、リーダーシップという名の人間力を磨く機会なので、日本でできない経験がどれだけ多く周りにあるかは私にとっては重要でした。

私は、小さい時にサンフランシスコに住んでいて、全米で最も古いバレエ学校:サンフランシスコバレエ学校に通っていました。オーディションを受けて、クリスマス時期のくるみ割り人形に出演する経験もしました。プロの振付師、プロデューサー、ダンサーに囲まれていた刺激を今でも覚えています。

この経験は現在、エンターテイメント業界で働く私の原点です。

皆さんにとっての原点は何ですか?MBA受験と少しでも繋げられていますか?

ビジネススクールの場所選び、なぜ行くのか?、そして何より合格は、この原点をはっきり自分で認識できているかも大きなポイントです!

※20年ぶりに自分が出演していたくるみ割り人形を鑑賞しに行きました。感慨深いものがありました!

sf-ab848_helgi2_g_20121128130002

2014-01-12_sf_audience_side-view_djy_racheltso-1024x682

culture-vixen-nutcracker-san-francisco-ballet-14

Happy Holidays🎄🎅 アメリカのクリスマスは本当に温かい気持ちになりますね…! Love it! ❤️

MJ