賃金交渉!

お久しぶりです。EBです。

日本でもそろそろ労使交渉でベースアップ要求の時期かと思いますが、MBAの1年生はサマーインターンシップに向けて就職活動真っ只中です。そろそろオファーも出つつある時期で、payはいくら、のような話も友達とします。とくに私費留学生にとって、サマーインターンシップは貴重な収入源!なにしろ人によっては3ヶ月以上がっつり働くので。

MBAに入学した時から、leading peopleのnegotiationでどのようにサラリーの交渉をするか、というようなことを学びます。当時日系企業にどっぷりつかっていて、アメリカに来たばかりの私はそんなのいつ使うんだろう、と思っていましたが、意外にも早く使う時が来ました。

あるアメリカのバイオテック企業からサマーインターンのオファーをもらったクラスメイトが3人。仕事内容は楽しそうだけどpayが低すぎる!ということで意見が一致。お互いほかのオファーからのPayも共有し、みんなで人事に交渉という名の攻撃。何度かやりとりして、結局3人とも$3/hourの上昇に成功。たった3ドルですが3ヶ月のインターンと思うと約1500ドル。メール数通のやりとりでそれがもらえるなら全然ありですね!

この例からも実感しましたが、アメリカは日本以上に言った者勝ちの文化です。Worth saying! Worth asking!

 

Advertisements