Top ranked specialties

Haasでは様々な分野においてトップランキングの学校として 知られています。そういったフィールドのうちのいくつかをご紹介します。

Nonprofit and Public Management
Haasに来てまず驚くのがNet Impactと呼ばれるNonprofitやCorporate Social Responsibilityにおける学生の興味の高さです。サマーインターンでNonprofitを希望する学生も多く、それらの学生をサポートするための環境も充実しています。サマーインターンでNonprofitを希望するための学生のFund Raising Eventなども 催されます。
http://www.haas.berkeley.edu/MBA/concurrent_npm.html

Corporate Social Responsibility

ここ10年ほどでCorporate Social Responsibility(CSR)に関する注目は非常に高くなっております。また、近年ではSocial Responsibilityに関する新聞記事を目にすることが多くなりました。HaasではCorporate Responsibilityに関わるエリアとしてBusiness Ethics、Environmental Management、Strategic Corporate Social Responsibilityに特化したプログラムを提供しています。HaasはFinncial TimesのランキングでCorporate Social Responsibilityの分野で2位となっています。
http://www.haas.berkeley.edu/responsiblebusiness/

Technology
UC Berkeleyは全米有数のEngineering Schoolを抱え、多くのInnovationを日々生み出しています。Technologyと言ってもいわゆるハイテクばかりでなく、エネルギーやバイオなど様々な分野に及んでいます。Technology Managementに強いところと言えば、MIT、KelloggのMMMと並び、Haasは全米で三強の一つと言われています。
http://mba.haas.berkeley.edu/academics/technology.html

Entrepreneurship
シリコンバレーに近いという絶好の環境を生かし、授業・フォーラム・クラブ・就職等様々な場面でEntrepreneurshipに浸ることが出来ます。大学にはLester Center for Entrepreneurshipという付属機関もあり、ベンチャーキャピタルのフェローシッププログラムを創設するなど積極的に支援活動を行っています。またHaasはBusiness Plan CompetitionとNational Social Venture Competitionというnation-wideの大会を主催していることでも有名です。「明日は起業」の夢を持った学生がベイエリアのアントレプレナーたちと一緒になってVCファンドの獲得をめざすこのコンペはHaasならではの起業家精神あふれる催しを具現化したイベントです。
http://entrepreneurship.berkeley.edu/

Real Estate
最近のベイエリアの不動産バブルの影響もあり、 Haas では近年 Real Estate が注目されています。意外と知られていないのですが、 Haas の Real Estate プログラムは全米でも常に 上位にランクされており、 Real Estate への転職希望者も学内には多々います。
http://groups.haas.berkeley.edu/realestate/

Health Care
Haas School of Business と UC Berkeley School of Public HealthはMBA/MPH (Masters in Public Health) Joint Degreeプログラムを提供しています。ヘルスケアやバイオなどの第一人者を講師として招いており、1学年240人のうち 、10-15人ほどの学生がこのDual Degreeプログラムを受講しております。MBA/MPH受講者はMBAカリキュラムにPublic Healthのコア科目が必要となり、卒業は通常の2年より半年長い、2年半必要となります。
http://haas.berkeley.edu/advantage/health/

Energy and Clean Technology
UC BerkeleyはEngineering やChemistryの分野でもトップクラスの学校であり、学内およびLawrence Berkeley National Laboratory では代替エネルギーや省エネ技術の研究・開発が積極的に進められています。MBAプログラムにおいてもこれらの組織と共同で行うプロジェクトの機会が提供されているなど、学校側もかなり力を入れている分野の一つです。
http://mba.haas.berkeley.edu/academics/energy.html

Global Management
HaasはInternational Studentが40%を超えているのはもちろんのこと、アジア系アメリカ人を含めるとその比率は半数を超えるほどまで上がるのではないかと思うほどInternationalです。もちろん中南米やヨーロッパの生徒も勿論多く見受けられますし、教授陣を見てもBerkeleyはInternationalです。サンフランシスコを中心とするベイエリアの文化の多様性ともあいまって、外国人学生に大変理解のある雰囲気とプログラムが用意されています。中でも特筆すべきはIBD(International Business Development)Programでしょう。世界中のクライアントに対して生徒がチームを組んで一年間にわたりコンサルティングを行う(3週間の現地トリップもあり)というもので、本格的にやっているのはHaasとTuckの2校だけです。他にも様々な海外トリップ(2015年:ブラジル、タンザニア、インドネシア、チリ、中国、日本etc)やスピーカーシリーズを行っています。
http://mba.haas.berkeley.edu/specialties_04.html